滋賀県湖北の仏像


滋賀県湖北地方の拝観情報

  • 千手院(長浜市川道町)

滋賀県湖北地方の仏像

「湖北」というのが何処から何処までの市町村をさすのかというのは曖昧で、ここでは米原市から長浜市の辺りを湖北と呼ぶことにします。その中でも長浜市高月町は観音の里としても有名で、毎年8月の第1日曜日には「観音の里ふるさとまつり」として、高月町や、その隣の木之本町の多くのお堂が一斉に開扉され参拝者を迎えます。
今ではこの地域のほとんどの寺院は無住で、お堂の管理は集落の人々が各自で行なうというスタイルをとっている。そのお堂の世話をする人達のことを「世話方さん」「世話人さん」と呼びます。仏像とそれを守る人たちの距離がとても近く、奈良や京都の観光寺院ではあまり経験することのない人の温かさに触れることが出来るはず。
ここに掲載した寺院のほとんどが、観光協会や世話方さんへ事前に連絡をして予約を取るというのが参拝の為の手順となります。時間配分などが難しい参拝になりますので予約する際の時間配分にご注意下さい。ここでは拝観予約をとる際に必要な連絡先や所要時間を各お堂ごとに掲載しました。


阿弥陀寺(長浜市菅浦)

阿弥陀寺(長浜市)

Tweetひとくくりに湖北と言っても、この菅浦の地は他の地域とは違った顔を持っている。 奥琵琶湖の葛籠尾半島に位置し、竹生島とは眼と鼻の距離である。塩津街道からも遠く外れているために人が訪れることも少なく、ひっそりとした […]
医王寺 十一面観音立像

医王寺(長浜市)

Tweet木之本町の医王寺には観音の里らしくひっそりとした山里に、とても美しい女性的な観音様が祀られている。今は無住となり、この集落の方が交代で世話をされている。寺院の名前としてその昔は薬師如来が本尊であったように思える […]
安念寺(長浜市木之本町)

安念寺(長浜市)

Tweet「いも観音」の名でも呼ばれる湖北の安念寺。賤ヶ岳の東の麓にあり、木ノ本駅からは余呉川を渡ると西黒田の集落へと入る。現在は10軒ほどの小さな集落があり集落の一番奥にある長い石段を登った先に安念寺はある。 安念寺は […]
尾山釈迦堂(長浜市高月町)

安楽寺(尾山釈迦堂)(長浜市)

Tweet尾山釈迦堂は、高月町の北東の集落である雨森や井口よりさらに北、己高山の麓にある石道寺からは、西へ下り高時川を渡った尾山という集落にある。この釈迦堂には戦火を逃れた仏像が安置されており、どちらもその戦火の後に修復 […]
安楽寺(長浜市)

安楽寺(長浜市)

Tweet長浜から国道8号線の北国街道を高追方面へ北上すると安楽寺のある細江の集落がある。この辺りは奈良時代の公卿藤原不比等の別荘地であったとされ、安楽寺のすぐ北側は御館(ミタチ)という地名が今も遺されている。弘安二年( […]
円満寺(長浜市高月町)

円満寺(長浜市)

Tweet湖北高月町の井口地区にある円満寺は、応永十四年(1407)の「己高山縁起」に「惣山之七箇寺(そうざんのしちかじ)」の一つとして記載されている湖北の古刹。 日吉神社の境内にぽつんと佇むお堂が円満寺であるが、この寺 […]
大吉寺(長浜市)

大吉寺(長浜市)

Tweet小谷山の東にある天吉寺山の中腹に天台宗の古刹大吉寺は建つ。創建は貞観七年(865年)と古く、比叡山の僧安然上人の協力を得てこの地に建てられた。 現在は庫裏と本堂が残されているだけであるが、往時は源頼朝の庇護を受 […]
大音千手堂(長浜市木之本町)

大音千手堂(長浜市)

Tweet湖北地方の木之本町には賤ヶ岳があり、天正十一年に羽柴秀吉と柴田勝家が覇権を争った「賤ヶ岳の戦い」の地として有名。現在は国定公園となり、リフトも整備され観光地となっている。その賤ヶ岳の麓に位置する大音の里は「琴糸 […]
小谷寺(長浜市湖北町)

小谷寺(長浜市)

Tweet湖北小谷城の麓に建つ小谷寺は国道365号線(北国脇往還)から小谷山方面に入った里にある真言宗の寺院。寺伝によると、神亀五年(728年)に僧泰澄が白山から伊吹山までの峰々に修験道場を開き、その時に小谷山に建てられ […]
菅山寺 弘善館(長浜市余呉町)

菅山寺 弘善館(長浜市)

Tweet琵琶湖の北に周囲6.5キロほどの小さな「余呉湖」という湖がある。この一帯が余呉地域で山の麓にあるのが、この菅山寺の里坊「弘善館」湖北27名刹の第一番札所でもある菅山寺はここからさらに1時間ほど山を登った上にある […]
川並地蔵堂(長浜市余呉町)

川並地蔵堂(長浜市)

Tweet琵琶湖の北端に位置する周囲約6.4kmの小さな湖は余呉湖という。天女の羽衣伝説や龍神・菊石姫の伝説が残る。 この余呉湖の西岸に川並という集落があり、菅原道真公が生まれた土地とも言われている。 その川並地区の外れ […]
雨森観音寺(長浜市高月町)

雨森観音寺(長浜市)

Tweet高月町雨森の観音寺は集落の北東に位置し、隣の保延寺集落との境に建つ。山号を己高山とし、もとは東の己高山の頂上近くにあったと言われている。延暦年中(728~806)に最澄の早々で天台宗であり、七堂伽藍が立ち並び繁 […]
伊富貴山観音寺(米原市)

伊富貴山観音寺(米原市)

Tweet長浜から伊吹山方面へ県道509号線を走ると石田山を貫通する観音坂トンネルがある。観音寺はこの観音坂トンネルを抜けてすぐのところにある天台宗の寺院。観音寺はまたの名を伊富貴山観音護国寺、大原観音寺と称されている。 […]
木之本地蔵院(長浜市木之本町)
提供:(公社)びわこビジターズビューロー

木之本地蔵院 浄信寺(長浜市)

Tweet木之本地蔵院は滋賀県湖北の木之本駅近くに建つ時宗の寺院。寺の名は浄信寺であるが一般には木之本地蔵の名で親しまれている。本尊の地蔵菩薩は秘仏。境内に立つ高さ6メートルの地蔵菩薩銅像は日本三大地蔵の一つとされている […]
黒田観音寺(長浜市木之本町)

黒田観音寺(長浜市)

Tweetいかにも湖北らしいお堂がこの黒田観音寺である。寺といっても鐘楼などがあるわけではなく屋根の高い小さなお堂があるのみ。お堂の中は6畳ほどの小さなスペースで、そこに本尊の観音像が一躰だけ安置されている。 本尊は伝千 […]
源昌寺(長浜市余呉町)

源昌寺(長浜市)

Tweet湖北地方の北に位置する余呉地域。源昌寺は上丹生という山里にひっそりと佇む。外観は本堂と庫裏が一つになっているので一見するとお寺のようには見えない。屋根の上に寺紋が三つ並んでいるというだけで民家と言われても遜色な […]
己高閣(長浜市木之本町)

己高閣・世代閣(長浜市)

Tweet滋賀県内にこれほど多くの仏像を安置した収蔵庫は多くない。己高閣とその裏に建つ世代閣には、己高山の鶏足寺などに祀られていた本尊の薬師如来を始め多くの諸尊が安置されている。手入れの行き届いた収蔵庫には、どの仏像も湖 […]
渡岸寺観音堂(長浜市高月町)

渡岸寺観音堂・向源寺(長浜市)

Tweet顔の両面に顔を持ち、グラマラスな肉体と落ち着いたその風貌。湖北地方の十一面観音の中では最も知名度が高く訪れるものを魅了するのがこの渡岸寺十一面観音。今では向源寺の観音堂に安置されているこの十一面観音はその昔、七 […]
孤篷庵(長浜市)

孤篷庵(長浜市)

Tweet  池泉回遊式の雅やかな庭園を持つ孤篷庵は緑深い小谷城の東麓にある臨済宗大徳寺派の寺院。小室城主で日本三大茶人として名高い小堀遠州(1579-1647)の菩提を弔う寺院で、京都大徳寺の孤篷庵と同じく円 […]
西圓寺(米原市)

西圓寺(米原市)

Tweet国道二十一号線と八号線が分岐する南側、米原市西円寺集落の南方に黄檗宗の西円寺はある。本尊は秘仏の聖観音立像で三十三年に一度ご開帳される。普段は寺務所に誰もいないために山門で100円専用のコイン投入式に入れるとス […]
悉地院(米原市)

悉地院(米原市)

Tweet伊吹山の中腹に位置する悉地院は古くより弥高護国寺と称し、修験道の霊場として栄えた古寺。 かつて伊吹山は荒ぶる神の坐す深山として記録されており、荒ぶる神の見えない大きな力がこの山を山岳信仰の聖地とさせた。 仁寿年 […]
赤後寺(長浜市)

赤後寺(長浜市)

Tweet湖北、赤後寺は日吉神社、長照寺と同じ境内に並び建つ。赤後寺は琵琶湖沿いの国道8号線を木之本IC方面に北へ向かって「千田」交差点を西へ走り、北陸自動車道の高架下をくぐる。そのまま進むと唐川の集落に入り、標高200 […]
石道寺 十一面観音立像(長浜市)

石道寺(長浜市)

Tweet滋賀県長浜市木之本町石道(いしみち)という己高山の麓にある集落に石道寺(しゃくどうじ)はある。目の前には小川が流れ、境内は樹々に囲まれたひっそりとした場所はいかにも湖北のお堂らしい風情。 本堂の厨子の中には三躰 […]
常楽寺 聖観音(長浜市)

常楽寺(長浜市)

Tweetお椀を返したような山本山の中腹にある常楽寺は通称「山寺の観音さん」と集落の人に呼ばれている。 創建は明らかではないが、山本城主山本判官義定公が祈願所として崇敬し、七堂伽藍を配したと伝える。もとは南麓の神社と同じ […]
神照寺(長浜市)

神照寺(長浜市)

Tweet湖北の神照寺には、寺宝が多く伝わり宝物館を境内に設けている。長浜市の中心部から少し外れてはいるが、長浜インターからの便はよく木之本や高月へと向かう国道8号線を一本入った住宅街に建つ。住宅街と行ってもそこは田舎道 […]
正妙寺 千手千足観音(長浜市)

正妙寺(長浜市)

Tweet千手千足という聞き慣れない名を持つ観音さまが湖北の高月町に安置されている。正妙寺は観音の里として有名な高月町の西の外れにある「西野」という地区の北にあり、日枝神社の脇を登ると小さなお堂がある。寺と言っても小さな […]
神照寺(長浜市西浅井)

神照寺(長浜市西浅井町)

Tweet湖北には萩の寺と呼ばれる長浜市中心部に近い真言宗の神照寺と、ここ奥琵琶湖の神照寺がある。真言宗の神照寺は重文指定の半肉彫り千手観音を安置し、こちらの方が広く知られている。西浅井の神照寺はびわ湖最北を通る塩津街道 […]
青岸寺 聖観音坐像(米原市)

青岸寺(米原市)

Tweet国指定の庭園で有名な米原市の青岸寺は、米原駅の東500mに建つ曹洞宗の古刹。南北朝延文年間(1356~1361)に近江守護佐々木京極道誉(ささききょうごくどうよ)により光泉寺として創建された。光泉寺は永正の初め […]
醍醐寺(長浜市)

醍醐寺(長浜市)

Tweet重要文化財の秘仏毘沙門天を安置する醍醐寺は大谷川上流の醍醐の集落の上に建つ。寺伝によれば、後白河天皇の頃の創建で、文亀元年(1501年)創建の草野五山の一つとも伝わる。この辺りの寺院と同じく元亀・天正の兵火にあ […]
千手院・川道観音 本尊(長浜市)

千手院(長浜市)

Tweet長浜市川道町にある「川道の観音さま」で広く知られる千手院で平成24年11月3日から11月11日までの期間で17年ぶりのご開扉が行われた。 南隣の尊住院とともに真言宗豊山派の寺院。 康正二年(1456年)永澄の開 […]
全長寺(長浜市)

全長寺(長浜市)

Tweet余呉湖の北2キロ、余呉町池原にあじさいの寺として有名な全長寺がある。文明元年(1469年)浄土宗の僧全長が池原村字新堂に阿弥陀如来を本尊とする浄土宗の一宇を開き、全長坊と称したのが始まりとされる。 見上げるよう […]
惣持寺 長尾護国寺(米原市)

惣持寺(長尾護国寺 米原市)

Tweet伊吹山の西麓にある大久保という集落に武装形の平安古像が安置されている。滋賀県側からならば姉川を遡るように進むと山深い奥地にある。奥伊吹スキー場への道といえば、この辺りの人ならピンと来るかもしれない。 かつて伊吹 […]
太平観音堂(米原市)

太平観音堂(米原市)

Tweet伊吹山の南麓を走る国道365号線を伊吹山中学校や伊吹山文化資料館のある春照(すいじょう)集落に、伊吹四大護国寺の一つであり身の丈180.5cmという大きな円空仏を安置する太平観音堂がある。 伊吹山はかつて荒ぶる […]
総持寺(長浜市)

総持寺(長浜市)

Tweet長浜駅前の通りを真っ直ぐ東に2キロほど進むと桃山時代の様式を残す朱塗りの仁王門が左手にあらわれる。ここがぼたんの寺として有名な総持寺で、4月下旬から5月上旬にはぼたんまつりが開催され多くの参拝者で賑わう。 寺伝 […]
尊住院(長浜市)

尊住院(長浜市)

Tweet長浜市川道町にある尊住院。川道町は湖北地方で受け継がれてきた「オコナイ」の聖地とも言える場所。川道は姉川左岸にありこの集落の南側に木々が密集した所がある。ここが川道神社で、この神社の並びにあるのが尊住院である。 […]
大円寺(長浜市)

大円寺(高月観音堂 長浜市)

Tweet湖北の高月町は国宝指定の渡岸寺観音堂十一面観音像をはじめとして多くの仏像を祀ることから「観音の里」として有名。 この地の人から高月観音と崇められている観音様は、曹洞宗大円寺の観音堂に安置されている木造の千手観音 […]
田中神社(長浜市)

田中神社(長浜市)

Tweet田中神社の境内には、戦乱と天災から逃れた十一面観音像と聖観音像が祀られている。 田中神社の北側に325mの小高い山本山があり、まるでお碗を伏せたような綺麗な形をしている。この山にはその昔、平安末期に築城された城 […]
田神山 観音寺(長浜市)

田神山 観音寺(長浜市)

Tweet江州伊香三十三観音第一番札所である田神山観音寺は、木之本駅の東の田上山の麓にある無住の寺。木ノ本駅からも近く木之本地蔵で有名な浄信寺へ向かいその前に走る北国街道を左に曲がると、名酒桑酒の山路酒造を左に曲がれば観 […]
竹蓮寺(長浜市)

竹蓮寺(長浜市)

Tweet湖北高月町の竹蓮寺は小高い山本山の麓の農村地帯にある。寺伝は乏しくいつ頃からこの地にあるのかは定かでないが、湖北地方では見られない宝冠阿弥陀如来像を氏仏として大切にお守りされている。現在の姿は頭部に宝冠を戴き、 […]
洞壽院(長浜市)

洞壽院(長浜市)

Tweet湖北の余呉町は滋賀県の最北端に位置し、滋賀県で唯一特別豪雪地帯に指定されている。洞壽院はその余呉町菅波集落の最も奥、通称「妙理の谷」に建つ曹洞宗の寺院。スキー場があるくらいなので冬は雪深く訪れることはお薦めしな […]
徳源院(長浜市)

徳源院(米原市)

Tweet伊吹もぐさで有名な中山道柏原宿の西方、清滝の集落に徳源院はある。秋には紅葉の名所として有名な天台宗の寺院で鎌倉時代中期に近江を領していた佐々木京極氏の菩提寺である。境内には鎌倉時代から続く京極氏歴代当主の宝筐印 […]
徳円寺(長浜市)

徳円寺(長浜市)

Tweet徳円寺は琵琶湖の北、西浅井町の庄という集落の小高い山上にある。予約が必要な寺院であり、交通の便も決して良くないので拝観までのハードルは高いが、ここの馬頭観音は一度は拝見していただきたい。三面三目八臂の憤怒相で、 […]
徳勝寺(長浜市)

徳勝寺(長浜市)

Tweet長浜駅から1キロ離れたところに徳勝寺はある。本堂の裏手にはマンションが見える市街地に建つ曹洞宗の寺院で、もとは医王寺と号して今の湖北町にあった。永正十五年(1518年)、小谷城主であった浅井家初代浅井亮政が城下 […]
西野薬師堂(長浜市)

西野薬師堂(長浜市)

Tweet西野水道から程なくして集落のほぼ中心に位置する西野薬師堂。 平安時代に彫られた薬師如来立像と十一面観音像を祀っている。 今では小さなお堂を残すのみだが西野薬師堂はその昔、この地にあった天台宗の泉明寺という寺院が […]
腹帯観音堂(長浜市)

腹帯観音堂(長浜市)

Tweet木之本インターから303号線に乗り琵琶湖の北岸をたどるように西へ進む。大浦という海水浴場で有名な地域の一角に腹帯観音堂が建つ。平安時代の作で実際に腹帯を巻いているという珍しい一木の十一面観音様。この観音様は県外 […]
保延寺阿弥陀堂(長浜市)

保延寺阿弥陀堂(長浜市)

Tweet保延寺というのは大字の地名で、現在は集落の東端にある白山神社内に阿弥陀堂がある。己高山縁起に「保延寺 阿弥陀」と記されており己高山の仏教文化圏のひとつとして栄えたのだろう。 本堂に安置される三躰の阿弥陀如来像は […]
保延寺観音堂(長浜市)

保延寺観音堂(長浜市)

Tweet保延寺というのは大字の地名でこの観音堂の地名ではない。高月川が東を流れそこから引いた水が集落の中を巡る水路となっている。 家の外にはカバタ(川端)と呼ばれる囲いがあり、昔はその中で鯉を飼って皿を洗った後の食べ残 […]
宝厳寺(長浜市)

竹生島 宝厳寺(長浜市)

Tweet琵琶湖の北部に瓢箪を寝かせたような形で浮かぶ竹生島は、花崗岩からなる周囲2kmの島。この島にある宝厳寺は日本随一の弁財天霊場として知られ、本尊は秘仏弁財天と秘仏千手観音を祀る。 竹生島へは長浜港、今津港、彦根港 […]
無動寺(長浜市)

無動寺(長浜市)

Tweet高月町雨森の集落に民家と間違うくらいの小さなお堂がある。ここへは教育委員会さんに連絡先を聞くか、役場へ尋ねると集落の社寺係の方を教えてくれる。 場所は雨森の観音寺の前の道を西へ50mほど行った左手の家で寺名を記 […]
理覚院(長浜市)

理覚院(長浜市)

Tweet湖北の高月町の北東に井口(いのぐち)という地域に浅井家の重臣・井口弾正経元の菩提寺である理覚院はある。この地にはその昔、長安寺と称する巨刹があり、この辺り一帯の己高山仏教を支える一寺院として平安・鎌倉時代には隆 […]
冷水寺_4.

冷水寺(長浜市)

Tweet湖北の主要道路でもある国道8号線と北陸自動車道が上を走るすぐ南西の地区が高月町宇根地区。この集落に鞘仏として十一面観音がお祀りされている。この辺りは肥沃な農業地域で、高さのある建物も少なく大きな屋根や樹木を見つ […]
蓮華寺(米原市)

蓮華寺(米原市)

Tweet中山道番場宿に建つ蓮華寺は、名神高速道の米原ジャンクションを過ぎてすぐ南にある。静かな山里に参道から本堂までの間を名神の高架が横切る様はなんとも残念である。 本尊は阿弥陀如来立像と釈迦如来立像の二尊を本尊とし須 […]
善隆寺(和蔵堂)(長浜市)

善隆寺(和蔵堂)(長浜市)

Tweet湖北の善隆寺の境内に平安時代後期に造像された十一面観音と仏頭を安置した和蔵堂がある。もともとは古い時代にここから南へ1キロ離れた「庄(しょう)」という村の字和蔵にあった天台宗の安養寺のお堂に安置されていたと伝え […]