常楽寺(長浜市)


  • 常楽寺(長浜市)

お椀を返したような山本山の中腹にある常楽寺は通称「山寺の観音さん」と集落の人に呼ばれている。 創建は明らかではないが、山本城主山本判官義定公が祈願所として崇敬し、七堂伽藍を配したと伝える。もとは南麓の神社と同じ敷地内にあったが、明治に入ると神仏分離の令により薬師堂が現在の地に移された。
本尊は薬師如来であるが兵火にあい消失したのだろうか今は新しいものに変わっている。ここの見所は聖観音立像で、衣紋は簡素化されている。平安時代の密教彫刻の面影を残す“滋賀県顔”がひかえめで美しい。


  • 名称:朝日山 常楽寺(ちょうじつざん じょうらくじ)
  • 宗派:真言宗泉涌寺派
  • 札所:–
  • 本尊:薬師如来坐像
  • 本尊について:–
  • 公開:要予約
  • その他の仏像:聖観音立像、平安時代後期、一木造、高さ101.3cm、市指定文化財
    毘沙門天立像、南北朝時代
  • 住所:滋賀県長浜市湖北町山本1066
  • 電話番号:0749-82-5909(奥びわ湖観光協会)
  • 公共交通機関:JR北陸本線「高月」駅から約5キロ、徒歩約60分
    高月駅内の総合案内所(東口北側)でレンタサイクルが借りられる。
  • 車:北陸自動車道「木ノ本」ICから約9キロ、17分
  • 駐車場:アリ
  • 拝観料:志納
  • 拝観時間:要予約
  • 定休日:–
  • 拝観時間の目安:10分~15分
  • 拝観環境:内陣に入れて頂き間近に拝見することが出来る。
  • 備考:車の際は山本山の下にある神社に駐車可能。
  • HP:ナシ
  • 周辺おすすめ寺院:

MAP—
35.450672,136.206509