大円寺(高月観音堂 長浜市)

Pocket

  • 大円寺(長浜市)

湖北の高月町は国宝指定の渡岸寺観音堂十一面観音像をはじめとして多くの仏像を祀ることから「観音の里」として有名。
この地の人から高月観音と崇められている観音様は、曹洞宗大円寺の観音堂に安置されている木造の千手観音像をいう。ガイドマップなどを調べるなら高月観音堂と言った方が分かりやすいかもしれない。
現在、大円寺の本堂には本尊千手観音像だけでなく、両側に弁財天、薬師三尊、毘沙門天、不動明王像、地蔵菩薩像など多くの仏像が安置されている。これらの仏像は、この大円寺のものばかりでなく毘沙門天像はもともと村内にあった天台宗円通寺のご本尊と言われ、京都鞍馬寺の毘沙門天像の分身とも言われている。また、薬師三尊像は栗原坊のご本尊と伝えられている。 本尊の千手観音立像は、国宝や重文の指定は受けていないがとても肉感的で迫力のある姿で像高は154.2cm。室町時代の作だと伝わる。金泊の張られた厨子の中で拝見すると身体も黄金色に輝いているように感じるがこれはその昔、本尊が黒ずんでいたのを不憫に思った村の人がその体を拭きこのように木肌の見えた状態にしてしまったのだという。
他にも仏像として釈迦苦行像を所有しているが、現在は高月観音の里資料館に安置されている。この資料館は渡岸寺観音堂の東隣なので、あわせて見学するとよい。


  • 名称:慈眼山 大円寺(高月観音堂) (じがんさん だいえんじ(たかつきかんのんどう))
  • 宗派:曹洞宗
  • 札所:江州伊香三十三所観音霊場7番札所
  • 本尊:千手観音立像
  • 本尊について:室町時代、寄木造、桧材、彫眼、高さ154.2cm
  • 公開:要予約
  • その他の仏像:釈迦苦行像、高月観音の里歴史民俗資料館に安置、H23年9月30日現在)
    地蔵菩薩立像、不動明王立像、毘沙門天立像、薬師三尊像、弁財天坐像
  • 住所:滋賀県長浜市高月町高月4番地
  • 電話番号:0749-82-5909(奥びわ湖観光協会)
  • 公共交通機関:JR北陸本線「高月」駅下車 徒歩5分
  • 車:北陸自動車道「木之本」ICから約10分
  • 駐車場:アリ(境内の西側)
  • 拝観料:200円
  • 拝観時間:–
  • 定休日:–
  • 拝観時間の目安:20分~40分
  • 拝観環境:内陣に入れて頂き間近で拝見することが出来る。
  • 備考:本尊は室町時代の作で、戦乱の昔に兵火からのがれて岩上に立たれたとされ、火災から村人を守る「火除けの観音さま」として広く信仰されている。また、大円寺は高月町の中でもほぼ中間地点に位置している。西には赤後寺や西野薬師堂、東には渡岸寺と行動しやすい。
  • HP:–
  • 周辺おすすめ寺院:渡岸寺観音堂

MAP—
滋賀県長浜市高月町高月4番地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください