醍醐寺(長浜市)

Pocket

  • 醍醐寺(長浜市)

重要文化財の秘仏毘沙門天を安置する醍醐寺は大谷川上流の醍醐の集落の上に建つ。寺伝によれば、後白河天皇の頃の創建で、文亀元年(1501年)創建の草野五山の一つとも伝わる。この辺りの寺院と同じく元亀・天正の兵火にあい焼失をしたが、往時は四十九の坊舎をもつ大寺であり、その時の本堂は現在よりも北方約200メートルの山の中腹にあったと伝わる。現在地に本堂は移築されたが、元の屋敷は奥の院(不動堂)として残されている。
秘仏毘沙門天は境内の収蔵庫に、本尊の不動明王は本堂の厨子の中に安置されており公開の予定は今のところないという。


  • 名称:神護山 醍醐寺(じんござん だいごじ)
  • 宗派:真言宗豊山派
  • 札所:近江湖北二十七名刹霊場14番札所、びわ湖百八霊場40番札所など
  • 本尊:不動明王立像
  • 本尊について:–
  • 公開:秘仏(開帳予定なし)
  • その他の仏像:毘沙門天立像、鎌倉時代、寄木造、彩色、玉眼、高さ53.4cm、重要文化財、秘仏(開帳予定なし)
  • 住所:滋賀県長浜市醍醐町205
  • 電話番号:0749-74-1776
  • 公共交通機関:JR北陸本線「長浜」駅から湖国バス「東野」下車、徒歩約10分
  • 車:北陸自動車道「長浜」ICから約15分
  • 駐車場:アリ
  • 拝観料:志納
  • 拝観時間:9:00~16:30
  • 定休日:–
  • 拝観時間の目安:10分~15分
  • 拝観環境:毘沙門天立像は収蔵庫、本堂には毘沙門天立像が安置されているがどちらも秘仏のため拝観することは出来ない。
  • 備考:御朱印は本堂もしくは、境内向かいのご住職の住居で頂くことが出来る。
  • HP:–
  • 周辺おすすめ寺院:

MAP—
滋賀県長浜市醍醐町205

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA