保延寺観音堂(長浜市)

Pocket

  • 保延寺観音堂(長浜市)

保延寺というのは大字の地名でこの観音堂の地名ではない。高月川が東を流れそこから引いた水が集落の中を巡る水路となっている。 家の外にはカバタ(川端)と呼ばれる囲いがあり、昔はその中で鯉を飼って皿を洗った後の食べ残しを食べて貰い水の綺麗さを保っていたというが、現在はほとんどが観賞用だそうだ。
保延寺集落に小さなお堂があり、その中に像高17cmと小さな手の平に乗せれるくらいの大きさの千手観音が祀られている。 戦国時代に湖北地方を納めた浅井氏ゆかりの像であると言われ、奈良の長谷寺からお迎えしたと伝えている。


  • 名称:保延寺観音堂(ほうえんじかんのんどう)
  • 宗派:–
  • 札所:–
  • 本尊:千手観音立像
  • 本尊について:室町時代、一木造、素地、彫眼、高さ17.1cm
  • 公開:要予約
  • その他の仏像:–
  • 住所:滋賀県長浜市高月町保延寺
  • 電話番号:0749-82-5909(奥びわ湖観光協会)
  • 公共交通機関:JR北陸本線「高月」駅から約2.5キロ、徒歩約35分、高月駅内の総合案内所(東口北側)でレンタサイクルを借りることが可能。
  • 車:北陸自動車道「木ノ本」ICから約5キロ、15分
  • 駐車場:アリ
  • 拝観料:300円
  • 拝観時間:–
  • 定休日:–
  • 拝観時間の目安:5分~10分
  • 拝観環境:近くから拝見することが出来る。
  • 備考:保延寺や隣の雨森集落にはバスが通っていないので、高月駅内の総合案内所(東口北側)でレンタサイクルを借りると便利。
  • HP:ナシ
  • 周辺おすすめ寺院:

MAP—
滋賀県長浜市高月町保延寺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください