孤篷庵(長浜市)

Pocket

 

  • 孤篷庵(長浜市)

池泉回遊式の雅やかな庭園を持つ孤篷庵は緑深い小谷城の東麓にある臨済宗大徳寺派の寺院。小室城主で日本三大茶人として名高い小堀遠州(1579-1647)の菩提を弔う寺院で、京都大徳寺の孤篷庵と同じく円恵霊通禅師を開山をする。孤蓬とは遠州の号であり、遠州亡き後にその子である正之が遠州の菩提供養と小堀家家臣の修繕道場として建立した。
ドウダンツツジの並ぶ参道や池泉回遊式の庭園などとても上品な禅宗寺院の佇まいを見せる庭は遠州好みと呼ばれ、湖北一の紅葉の名所として秋には多くの観光客が訪れる。


  • 名称:近江孤篷庵(おうみこほうあん)
  • 宗派:臨済宗大徳寺派
  • 札所:近江湖北二十七名刹霊場12番札所、びわ湖百八霊場38番札所
  • 本尊:釈迦如来坐像
  • 本尊について:江戸時代、木造
  • 公開:公開
  • その他の仏像:–
  • 住所:滋賀県長浜市上野町135
  • 電話番号:0749-74-2116
  • 公共交通機関:JR北陸本線「長浜」駅より、タクシーで約30分
  • 車:北陸自動車道「長浜」ICより約10分
  • 駐車場:アリ
  • 拝観料:300円
  • 拝観時間:9:00~17:00
  • 定休日:毎年11月17日
  • 拝観時間の目安:15分~20分
  • 拝観環境:内陣に入れて頂き間近に拝見することが出来る。
  • 備考:孤篷庵の庭は秋が最も有名。紅葉の時期の土日のみ長浜駅からエスコートバスが運行される。
  • HP:ナシ
  • 周辺おすすめ寺院:

MAP—
滋賀県長浜市上野町135

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください