総持寺(長浜市)

Pocket

  • 総持寺(長浜市)

長浜駅前の通りを真っ直ぐ東に2キロほど進むと桃山時代の様式を残す朱塗りの仁王門が左手にあらわれる。ここがぼたんの寺として有名な総持寺で、4月下旬から5月上旬にはぼたんまつりが開催され多くの参拝者で賑わう。
寺伝によれば、天平年間(729年~749年)に行基が訪れ、近江国分寺の試寺として創建されたという。 その後、 室町時代中期に実済が足利義教の御教書を得て中興したと伝え、後花園天皇の勅願寺として惣持院の号を賜った。戦国時代には、この辺りの多くの寺院と同様に姉川の合戦で焼失したが、豊臣秀吉が120石の寺領を寄進して再興した。
本堂の内陣は予約が必要だが、本尊の薬師如来や聖観音、十一面観音など20躰ほどの諸仏を真近で拝見できる。本尊の薬師如来像は湖北札所1番の菅山寺から遷されたと伝える。この像は幾多の災難をくぐり抜けてきたのだろうか頭部が平安時代、体部が江戸時代の作となっている。このように大きな手術を受けていることから「頭の薬師」と呼ばれている。


  • 名称:医王山 総持寺(いおうざん そうじじ)
  • 宗派:真言宗豊山派
  • 札所:近江湖北二十七名刹霊場20番札所、びわ湖百八霊場46番札所など
  • 本尊:薬師如来
  • 本尊について:木造、頭部:平安時代、体部:江戸時代
  • 公開:要予約
  • その他の仏像:聖観音立像、平安時代後期、木造、古色、高さ100.1cm、重要文化財
    千手観音立像、十二神将、金剛力士像、阿弥陀如来
    ほか多数
  • 住所:滋賀県長浜市宮司町708
  • 電話番号:0749-62-2543
  • 公共交通機関:JR北陸本線「長浜」駅から湖国バス「宮司北」下車すぐ
  • 車:北陸自動車道「長浜」ICから約3分
  • 駐車場:アリ
  • 拝観料:内陣拝観料500円、牡丹期は別途入山料500円
  • 拝観時間:9:00~16:30
  • 定休日:ナシ
  • 拝観時間の目安:15分~30分
  • 拝観環境:内陣の文化財及び中庭庭園の拝観は事前予約が必要。本尊を含め内陣は暗く予約した上で拝見したほうが良い。
  • 備考:総持寺は牡丹の寺としても有名で、4月下旬から5月上旬には境内一帯に咲く。
  • HP:
  • 周辺おすすめ寺院:

MAP—
滋賀県長浜市宮司町708

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA