永昌寺(甲賀市)


  • 永昌寺(甲賀市)

甲賀市の永昌寺は寺伝によると綾野天満宮の別当寺で、その後享保年間(1716~1735)に南の飯道山智積院の僧霊澄の代に比叡山の末寺となったと伝えられている。野洲川と杣川に挟まれた土地で昔は宇治川原村と呼ばれていた。
本尊の地蔵菩薩立像は本堂裏の収蔵庫に安置されており、事前に拝観のお願いをすると開扉していただける。僧形神のような姿をしているが、これと全く似た姿の像が隣の湖南市にある善水寺の帝釈天像とよく似ていることから、同じ所で作られた仏像かも知れない。
檜材の一木造で高さは154.9cm上半身は胸元を大きく出さずにVの字形に着衣を表している。翻波式の衣紋はゆったりとしていて美しい。頭部は面長で目鼻口がやや中央に寄せられている。左手は宝珠を掌に乗せ大きく前につき出す。


  • 名称:玉應山 永昌寺(ギョクオウザン エイショウジ)
  • 宗派:天台宗
  • 札所:–
  • 本尊:地蔵菩薩立像
  • 本尊について:平安時代、檜材一木造、彩色、高さ154.9cm、重要文化財
  • 公開:要予約
  • その他の仏像:–
  • 住所:滋賀県甲賀市水口町宇川1050
  • 電話番号:0748-63-1198
  • 公共交通機関:JR草津線「貴生川」駅下車 車で約10分
    JR草津線「貴生川」駅下車 バスで約10分、宇川東バス停から徒歩5分
  • 車:新名神高速道「甲賀土山」ICもしくは「信楽」ICから約25分
  • 駐車場:ナシ(近隣に駐車可能)
  • 拝観料:300円
  • 拝観時間:–
  • 定休日:–
  • 拝観時間の目安:15分~20分
  • 拝観環境:収蔵庫内に安置されており、仏像は近くから拝見できる。
  • 備考:この仏像は全国的にも有名な為、全国の美術館や博物館へ出張されることも多い。平成24年には東京の三井記念美術館「近江路の神と仏 名宝展」に出展された。
  • HP:–
  • 周辺おすすめ寺院:

MAP—
滋賀県甲賀市水口町宇川1050