玉桂寺(甲賀市)


  • 玉桂寺(甲賀市)

玉桂寺は甲賀市南部に源をもち、滋賀県で初めての発電所がある大戸川の傍らにある。信楽高原鉄道の大戸川を超える部分にある日本初のプレストコンクリート橋を過ぎると左手に玉桂寺がある。古くから「勅使の弘法さん」と呼ばれ、近年はボケ封じの寺として知られる。寺伝によると玉桂寺は天平宝字五年(761年)飛鳥田内親王の御願による創建と伝えられる保良寺を前身とする古刹であり、奈良時代末期に淳仁天皇が離宮保良宮造営の際、その仮御所として使われたのが玉桂寺の始まりという。
山門を入って正面にある石段の両側に二本の巨木がたつ。本堂には50年に一度の開扉とされる秘仏本尊弘法大師像が祀られている。また、本堂左脇の階段を下り戒壇巡りのように進むと阿弥陀堂へと出る。ここには平安末期の阿弥陀如来坐像と室町時代の阿弥陀如来坐像、五劫思惟阿弥陀如来坐像が安置されている。


  • 名称:秋葉山十輪院 玉桂寺(しょうようざんじゅうりんいん ぎょくけいじ)
  • 宗派:高野山真言宗
  • 札所:近江湖南二十七名刹霊場8番札所、びわ湖百八霊場88番札所
  • 本尊:弘法大師
  • 本尊について:–
  • 公開:秘仏(50年に一度のご開扉)
  • その他の仏像:愛染明王像、不動明王像(本堂安置)
    阿弥陀如来坐像、平安時代末期、木造、市指定文化財
    阿弥陀如来坐像、五劫思惟阿弥陀如来坐像、ともに室町時代
  • 住所:滋賀県甲賀市信楽町勅旨891
  • 電話番号:0748-83-0716
  • 公共交通機関:信楽高原鐵道「玉桂寺前駅」駅下車、徒歩5分
  • 車:新新名神高速道「信楽」ICから、約10分
  • 駐車場:アリ
  • 拝観料:志納
  • 拝観時間:9:00~17:00
  • 定休日:–
  • 拝観時間の目安:15分~30分
  • 拝観環境:本尊は50年に一度の秘仏、阿弥陀堂は本堂の左脇にある階段から地下に通じている。
  • 備考:鎌倉時代・建暦2年(1212)の作で像高98.6cmの阿弥陀如来立像(重要文化財)は、京都知恩院に移されている。
  • HP:http://www16.ocn.ne.jp/~koubou/
  • 周辺おすすめ寺院:

MAP—
滋賀県甲賀市信楽町勅旨891