飯道寺(甲賀市)


  • 飯道寺(甲賀市)

甲賀市水口町の南西には飯道山という近江修験の霊山として信仰を集めた山がある。 その麓の水口町三大寺に、三躰の仏像を祀る飯道寺がある。飯道寺はもとは飯道山の山頂に飯道神社と共にあり、明治の神仏分離で三大寺全てが廃絶となった。 そののち、伝統を継承するために本覚院と呼ばれて残されていた飯道山里坊の一つであるこの地を飯道寺と改称し現在に至っている。


  • 名称:金奇山 飯道寺(コンキザン ハンドウジ)
  • 宗派:天台宗
  • 札所:–
  • 本尊:阿弥陀如来坐像
  • 本尊について:平安時代、檜材寄木造、漆箔、高さ68.7cm、重要文化財
  • 公開:要予約
  • その他の仏像:十一面観音立像、平安時代、104.6cm、檜材一木造、割矧造、古色、重要文化財
    地蔵菩薩立像、鎌倉時代、97.6cm、檜材寄木造、彩色、重要文化財
  • 住所:滋賀県甲賀市水口町三大寺1019
  • 電話番号:0748-86-8002(甲賀市教育委員会)
  • 公共交通機関:JR草津線「貴生川」駅下車、徒歩約20分
    JR草津線「貴生川」駅下車、バス約15分、はーとバス貴生川巡回「日吉神社」バス停下車すぐ
  • 車:新名神道「甲南」ICから約20分
  • 駐車場:アリ
  • 拝観料:300円
  • 拝観時間:–
  • 定休日:–
  • 拝観時間の目安:20分~30分
  • 拝観環境:収蔵庫内に3躰とも安置されており、仏像は近くから拝見できる。
    収蔵庫の中まで入れていただける。厨子にも入っておらず近くから拝見することが出来る。
  • 備考:–
  • HP:–
  • 周辺おすすめ寺院:

MAP—
滋賀県甲賀市水口町三大寺1019