西方寺(草津市)


  • 西方寺(草津市)

西方寺は栗東市青地町にある浄土宗の寺院。寺伝によると延喜十二年(912年)に僧玄照の創立。その後兵火により消失したが寛永二十年(1643年)に僧誓誉が再建し浄土宗人となった。山門をくぐると左手に見える鐘楼は慶長九年(1604年)に建立されたもので、もとは京都の建仁寺にあったものを明治年間に左京区の檀王法林寺に移築し、その後、昭和三十七年(1962年)に西方寺へと移築された。 鐘楼の中に入るとその中の部材であったのか天女の姿をしたものなどが放置されていた。
本堂に入ると本尊には阿弥陀三尊像が祀られ、本堂左には市指定文化財の薬師如来座像が祀られている。小振りではあるが、表情の引き締まった整った表情をしている。もともとは廃寺になった草津市山寺町の古刹楽音寺に祀られていたと伝える。


  • 名称:治田山慈眼院 西方寺(じでんざんじげんしん さいほうじ)
  • 宗派:浄土宗
  • 札所:近江湖南二十七名刹霊場20番札所、びわ湖百八霊場100番札所
  • 本尊:阿弥陀如来立像
  • 本尊について:木造、漆箔
  • 公開:要予約
  • その他の仏像:薬師如来坐像、鎌倉時代、木造、市指定文化財
  • 住所:滋賀県草津市青地町1146
  • 電話番号:077-564-2277
  • 公共交通機関:JR琵琶湖線「草津」駅より、帝産バス「青地」バス停下車、徒歩で約5分
  • 車:名神高速道路「栗東」ICから約15分
  • 駐車場:アリ
  • 拝観料:志納
  • 拝観時間:9:00~17:00
  • 定休日:–
  • 拝観時間の目安:15分~20分
  • 拝観環境:外陣からの拝観となる。
  • 備考:–
  • HP:–
  • 周辺おすすめ寺院:

MAP—
滋賀県草津市青地町1146