新善光寺(栗東市)

Pocket

  • 新善光寺(栗東市)

新善光寺は栗東市林にある浄土宗の寺院。寺伝によると平安時代に源平の乱の後、平清盛の長子、小松内府重盛の一族で、小松左衛門慰尉宗定(平宗定)という人が、この地に逃れ住み、平家一門の菩提を弔うために信濃善光寺へ48度の参詣を発願した。その後12年を経てこの願を成就され帰国後の建長五年(1253年)に如来堂を建立し善光寺如来の分身を安置したことにはじまる。
本尊である銅造阿弥陀三尊像は鎌倉時代の作で秘仏である。七年に一度のご開帳で次回の予定は平成二十八年。
重要文化財に指定されている阿弥陀如来立像は客殿に安置されており室町時代の作。


  • 名称:九品山 新善光寺(くぼんざん しんぜんこうじ)
  • 宗派:浄土宗
  • 札所:近江湖南二十七名刹霊場19番札所、びわ湖百八霊場99番札所
  • 本尊:一光三尊善光寺如来(銅造阿弥陀三尊像)
  • 本尊について:鎌倉時代、銅造、阿弥陀如来高さ47cm、観音菩薩立像・勢至菩薩立像高さ各32.5cm、市指定文化財
  • 公開:秘仏(七年に一度ご開帳、次回は平成28年)
  • その他の仏像:阿弥陀如来立像、南北朝時代、木造、漆箔、玉眼、高さ98.6cm、重要文化財
  • 住所:滋賀県栗東市林256
  • 電話番号:077-552-0075
  • 公共交通機関:JR草津線「手原」駅下車、徒歩約45分
    JR琵琶湖線「草津」駅下車 バスで約17分水口方面行き「高野」バス停下車、徒歩5分
  • 車:名神高速道「栗東」ICから約10分
  • 駐車場:アリ
  • 拝観料:300円
  • 拝観時間:8:00~17:00
  • 定休日:–
  • 拝観時間の目安:15分~25分
  • 拝観環境:–
  • 備考:重文の阿弥陀如来立像は要予約
  • HP:http://www.mediawars.ne.jp/~zenkouji/
  • 周辺おすすめ寺院:

MAP—
滋賀県栗東市林256

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA