正楽寺(栗東市)

Pocket

  • 正楽寺(栗東市)

正楽寺は栗東市霊仙寺の住宅地の中にある真言宗の寺院。霊仙寺というのは地名で、この地にかつて天台宗の霊仙寺という巨刹があったといわれ、正楽寺の建つ今の場所は塔頭の一つである霊仙坊の跡とも言われる。創建当時はここではなく、野洲市の山賀村にあったが元亀年間(1570~1572年)の火災で消失し、その後仮堂に仏像を安置していたが、その後、亨保十八年(1732年)に僧実應により現在の地に移築された。
山門の右手には毘沙門堂、左手には不動堂、山門をくぐると境内に地蔵堂と本堂が建つ真言密教の寺容を備えている。また、石造宝塔は鎌倉時代のもので市指定文化財となっている。
本堂には阿弥陀三尊が安置されており、藤原時代の作。特に脇侍の両菩薩が素晴らしい。像高は180cm以上はあるだろうか、華奢な体つきだが足先が異様に大きく異様な雰囲気を漂わせる。


  • 名称:碧雲山霊仙院 正楽寺(へきうんざんりょうせんいん しょうらくじ)
  • 宗派:真言宗
  • 札所:近江湖南二十七名刹霊場22番札所、びわ湖百八霊場102番札所
  • 本尊:阿弥陀如来坐像
  • 本尊について:平安時代後期、木造、漆箔、市指定文化財
  • 公開:公開(事前予約が望ましい)
  • その他の仏像:観音菩薩立像、平安時代、桧材一木造、漆箔、高さ171.2cm、市指定文化財
    勢至菩薩立像、平安時代、桧材一木造、漆箔、高さ169.7cm、市指定文化財
  • 住所:滋賀県栗東市霊仙寺6-3-1
  • 電話番号:077-554-9548
  • 公共交通機関:JR琵琶湖線「栗東」駅東口より、徒歩約15分
  • 車:名神高速道「栗東」ICから約10分
  • 駐車場:アリ
  • 拝観料:志納
  • 拝観時間:9:00~16:00
  • 定休日:–
  • 拝観時間の目安:15分~30分
  • 拝観環境:外陣からの拝観となる。
  • 備考:–
  • HP:ナシ
  • 周辺おすすめ寺院:

MAP—
滋賀県栗東市霊仙寺6-3-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください