石馬寺(東近江市)

Pocket

  • 阿弥陀如来坐像 提供:(公社)びわこビジターズビューロー

西国三十三観音霊場で有名な観音正寺の北側、同じ繖山(きぬがさやま)の山裾に石馬寺はある。山裾とはいえ駐車場からは長く苔むした石段を20分ほど登った所にあるので容易とは言えない。通称「馬の寺」とも呼ばれ、聖徳太子が開基と伝えられている。太子がこの山の山麓に馬をつないで、山上まで自ら登りこの山の地形を観察し下山すると馬が沼に沈み石になったのだという。その霊験をみて感動した聖徳太子が寺を建立したのが石馬寺の始まりという。
石段を登り右手の庫裏にて受付をすると庫裏を通って宝物庫へと案内して頂ける。2000年に造立された宝物殿は綺麗に掃除が行き届いており、丈六の阿弥陀像や十一面観音、大威徳明王など平安時代の優れた仏像郡を拝見することが出来る。


  • 名称:御都繖山 石馬寺(ぎょとさん いしばじ)
  • 宗派:臨済宗妙心寺派
  • 札所:近江湖南二十七名刹霊場5番札所、びわ湖百八霊場85番札所
  • 本尊:聖観世音菩薩
  • 本尊について:十一面千手観音立像(秘仏)
  • 公開:本尊は非公開、その他の諸尊は宝物庫にて拝観可能。
  • その他の仏像:丈六阿弥陀如来坐像、平安時代、木造、漆箔、高さ274.0cm、重要文化財
    十一面観音立像、平安時代、木造、素地、高さ179.7cm、重要文化財
    十一面観音立像、平安時代、木造、素地、高さ167.8cm、重要文化財
    大威徳明王牛上像、平安時代、木造、彩色、高さ117.0cm、重要文化財
    持国天、平安時代、木造、彩色、高さ204.8cm、重要文化財
    増長天、平安時代、木造、彩色、高さ203.6cm、重要文化財
    広目店、平安時代、木造、彩色、高さ159.2cm、重要文化財
    多聞天、平安時代、木造、彩色、高さ151.2cm、重要文化財
    役行者及び前鬼後鬼、木造、鎌倉時代、重要文化財
  • 住所:滋賀県東近江市五個荘石馬寺町823
  • 電話番号:0748-48-4823
  • 公共交通機関:JR「能登川」駅より近江バス八日市行き「石馬寺」下車 徒歩15分
    北野神社の北隣
  • 車:名神高速道路利用の場合、東京・名古屋方面からは彦根IC
    大阪・京都方面からは竜王ICを出て国道8号線「五個荘南」を北へ2㎞
  • 駐車場:アリ
  • 拝観料:境内自由(宝物庫:500円)
  • 拝観時間:9:00~16:00
  • 定休日:月曜日(ただし月曜日でも5名以上の場合は応相談)
  • 拝観時間の目安:30分~50分
  • 拝観環境:宝物館にて近くから拝見することが出来る。
  • 備考:長い石段を10分ほど登ると山頂に石馬寺に到着します。石馬の池はお寺への石段を登る左手にあり。
  • HP:http://ishibaji.jp/
  • 周辺おすすめ寺院:

MAP—
滋賀県東近江市五個荘石馬寺町823

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA